読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぽんしゅふのブログ

おうちでゆる〜く日本酒をたのしみたい、新潟在住お酒大好き夫婦の主に家呑みの記録

今度は洋風!女池菜の食べ方で悩んでいる方へのヒントと簡単レシピ

食べもの

 

ぽんしゅふです。


なんとこの1週間で2回、女池菜を大量にいただいております。新潟らしさ全開です。


とってもありがたいんですけどね…

新年度でなんだか慌しい毎日…
疲れて帰って来たのに、めんどうな料理は作りたくない…
でも女池菜もらって嬉しい…(*´∀`*)


と、いう訳で本日は

料理はチャチャっとテキトー、がモットーの私がおすすめする、超簡単でもけっこう美味しい女池菜レシピ第2弾〜!


…いい感じにできた時だけ料理を載せようシリーズ、とも言える?

 

鯛と女池菜のアクアパッツァ

 

f:id:ponshufu:20170411113735j:image
1匹丸ごとどーん!

今回のポイントとしては
①鯛を焼く前に室温に戻した
②味付けは塩胡椒だけ(ハーブ類入れない)
③加える水分はワインのみ
の3つですかね。

アクアパッツァの詳しい作り方は…
クックパッドでお料理上手な方のレシピをご覧ください 笑

f:id:ponshufu:20170411113742j:image
取り分けたところ。

出汁を含んだ女池菜、うま〜♡
ふわふわの鯛の身もおいしい〜。
このスープをパンにつけて食べるとたまらんです。


実はこの鯛、一尾398円!
内臓とかウロコ処理済の塩焼き用って書いてあったやつ。じゃあ買うしかないよね
アサリはタイムサービス品だったし、白ワインは料理と飲む兼用で498円と、見た目よりリーズナブルな食卓です。


最近料理と飲む兼用で500円程度の安ワインを買うのにハマってます。
ワインは詳しくないので、安いやつからいろいろ試してみているところ。
イタリア産かチリ産がうちの料理に合う気がしています。


食べてると結局日本酒が欲しくなってきた〜。

写真には写ってないですが、合わせたのは千代の光  真。
きれいな淡麗辛口でほどよく今っぽさもあるので、こういう料理にもよく合います。
アクアパッツァをシンプルな味付けにしといたのが、ここで活きてくる。


うちでは洋風の料理に最初から日本酒を合わせることは少ないんですが、食べてるうちに「あ、日本酒いけそうだな」って思って途中から合わせてみることは意外と多いんですよ。

料理する時の香りの使い方と酸味の使い方が日本酒と合うかどうかのポイントになる気がする。

 

女池菜のアンチョビ炒め

 

f:id:ponshufu:20170411113751j:image
女池菜をオリーブオイルで炒めて、アンチョビ、塩胡椒で味付けするだけ。
これは果たしてレシピと呼べるのだろうか…?

ちなみに、アンチョビはチューブ派。
手軽にうまみが出せるので良く使います。

写真のグラスは空ですが、気持ち白ワインを合わせて。


これも日本酒いける味だな〜。
う〜ん、でもワインの次は今日はビールだな。おつまみにポテトチップ開けちゃったからね

 


女池菜とほたるいかのパスタ

 

f:id:ponshufu:20170411113801j:image
ほたるいかはボイル済のものを購入。ちょっと手間だけど、目玉・口・軟骨(頭の先のとこを千切って引っ張り出す)を取ると口あたりがよくなり、美味しく食べられる。
ピンセットで下処理すると形が崩れなくていいんでしょうが、私は手でやっちゃいます。

にんにく、とうがらし、オリーブオイルでペペロンチーノ風。
ここでやめとこうかな〜、と思いつつも…醤油少々でちょい和風よりの味にしちゃう。

うちの主人はほたるいかが好きなので、時季のときには食べさせてあげないとね。(いい奥さん偽装)

私が辛いのが苦手なため、辛みは七味とうがらしで各自調整しながらいただきます。


…これも日本酒いけるやつだな。

という訳で今日は鶴の友。
この鶴の友の甘味といかわたのまろやかさが良く合う。わたの後味も上品に流してくれる…

ふっふっふ、予想通りだわ〜( ´ ▽ ` )
いや〜、日本酒も白ワインも進む進む。

主人は「このパスタ、ここ最近で1番うまい!」と言っておりました。

私もこのほたるいかパスタはかなり気に入ったのでオススメです♡

 

いかがでしたか?


今回は私の職場で女池菜をいただいたのですが、けっこうみなさん調理方法で悩んでいるみたいで。
もらえるのは嬉しいけどどうやって食べよう〜って言ってたんですよね。


最近気づいたのですが、女池菜は菜の花みたいな使い方をするといいんじゃないかな?と思っています。

私はそう考えるようになってから、女池菜レシピが増えてきましたよ〜。


ゆで時間が分からない〜とか、食べ方が分からない〜とか、とにかくめんどくさい時はとりあえず炒めちゃう。
油はオリーブオイルでもごま油でも合うし、味付けは塩胡椒だけでも大丈夫。
お好みでツナとか塩昆布とかアンチョビみたいな、旨味のある食材を入れればさらに良し。
また、お肉と炒めてオイスターソースと醤油なんかで味付けすれば、立派なメインのお料理にもなりますよ。


女池菜とアサリの蒸し時間が同じでいけるので、アサリと酒蒸しにするのもおすすめ。
そこに、焼いたお魚とトマトが入ればアクアパッツァ風〜。


…と、テキトーにやればやるほどレシピの広がる女池菜です( ゚∀゚)

せっかくの季節の味。チャチャっと作れる簡単レシピで気楽に楽しんじゃいましょう♡